利用履歴をCSVで確認する

CSVファイルを出力して利用履歴を確認することができます。

利用履歴CSV出力する

1. 全体管理者管理画面、または学校ごとの管理画面で、「利用履歴の取得」をクリックします。

全体管理者管理画面へのサインインについては、「全体管理者管理画面にサインインする」をご覧ください。
学校ごとの管理画面へのサインインについては、「学校ごとの管理画面にサインインする」をご覧ください。

「利用履歴の取得」画面が表示されます。

2. 絞り込み条件を指定します。

指定した条件で利用履歴が絞り込まれます。

絞り込み条件の指定については、「利用履歴を管理画面で確認する」をご覧ください。

3. CSVエクスポート」をクリックします。

ダウンロードの確認画面が表示されます。

4. CSVファイルのエンコード設定を選択し、「CSVダウンロード」をクリックします。

しばらく待つと、保存の確認画面が表示されます。

5. 「保存」をクリックします。

利用履歴がCSVファイルとして保存されます。

利用履歴CSVの項目

利用履歴CSVには以下の項目があります。

項目 説明
createdAt 操作を行った日時が記載されます。
action 行った操作が記載されます。
username ユーザーIDが記載されます。
familyName ユーザーの姓が記載されます。
givenName ユーザーの名が記載されます。
schoolClassName ユーザーが所属する年度とクラスが記載されます。※
複数のクラスに所属している場合は「:」区切りで記載されます。
schoolName ユーザーの所属する学校名が記載されます。
remoteAddress 操作を行った際のユーザーのIPアドレスが記載されます。
contentName 使用した教材・アプリや閲覧したお知らせなどのコンテンツのタイトルが記載されます。

※作業を行った時点での年度とクラスが記載されます。作業後に年度やクラスを変更しても、CSVの記載情報は変更されません。

最終更新日: 2021年6月1日