教員・児童生徒を一括削除する

CSVファイルを使用すると、教員・児童生徒を一括削除できます。

ユーザーCSVを作成する

ユーザー削除用のCSVには、削除するユーザーIDのリストを記載します。CSVヘッダーは不要です。

記載例
削除するユーザー1のID
削除するユーザー2のID
削除するユーザー3のID
【注意】 削除したアカウントは元に戻せません
一度削除されたアカウントは元に戻せません。一時的に停止したい場合は、アカウントを無効にしてください。
※ 削除したユーザーの利用履歴は残ります。
【注意】 Google Workspaceをご利用の場合

Google Workspaceとの連携のために、利用者情報のサーバ同期が必要です。

 

利用者情報の同期は時間がかかります。(参考: 1,000件で20~30分)

通信エラーによる同期の失敗を避けるため、一度に同期(削除)するユーザー数を1000件以下にすることを推奨します。

1000件を超える場合、CSVを分割し、1ファイルインポートするごとにサーバへ同期することで、一度に同期する件数をおさえることができます。

 サーバ同期については、「サーバへ同期する(削除)」をご覧ください。

ユーザーCSVを読み込む

作成したユーザー削除用CSVを読み込み、教員・児童生徒を一括削除します。

1. 学校ごとの管理画面で、「利用者管理」をクリックします。

学校ごとの管理画面へのサインインについては、「学校ごとの管理画面にサインインする」をご覧ください。

「利用者管理」画面が表示されます。

2. 「ユーザー管理」タブをクリックし、「CSVインポート」をクリックします。

「ユーザーCSVのインポート」画面が表示されます。

3. インポートタイプに「削除」を選択し、読み込むユーザーCSVのエンコード設定を選択し、ユーザーCSVを選択して、「インポートを実行」をクリックします。

4. 画面左下に「タスク完了」と表示されたらクリックします。

5. ポップアップの「閉じる」をクリックします。

「利用者管理」画面の「ユーザー管理」タブから、教員・児童生徒が削除されます。

削除が完了したら

学校管理者権限を持つ教員に連絡し、利用者情報のサーバへの削除同期を依頼します。サーバへの削除同期については、「サーバへ同期する(削除)」をご覧ください。

最終更新日: 2021年9月21日