解答結果を確認する

本機能は、文部科学省CBTシステム(MEXCBT)に、L-Gateから接続する学校が対象です。

テストの解答結果は、以下の操作で確認できます。

1. ユーザーホーム画面の「教材・アプリ」をクリックします。

ユーザーホーム画面へ移動するには、「管理画面からユーザーホーム画面へ移動する」をご覧ください。

「教材・アプリ」画面が表示されます。

2. 「MEXCBT 教員」グループのMEXCBTアイコンをクリックします。

MEXCBTアイコンが表示されない場合は、「テストグループを活用する」の[学校ごとの管理画面のメニューに「MEXCBTテスト管理」が表示されている場合]をご覧になり、MEXCBTテスト管理画面を表示してください。

「MEXCBTテスト管理」画面が表示されます。

3. 確認するテストグループの行の「対象者と実施結果を確認」をクリックします。

4. 「テスト配信対象者と実施状況の確認」画面が表示され、結果を確認できます。

【テスト結果のアクセス権限について】
同じ学校に所属する全てのユーザー(学校管理者/教員/児童生徒)の結果を確認できます。

画像内の各番号について、以下に説明をします。

項目説明
ユーザー単位の結果を確認できます。
詳しくは、下のユーザー単位の結果を確認するには」をご覧ください。
テスト単位の結果を確認できます。
詳しくは、下のテスト単位の結果を確認するには」をご覧ください。
詳しい解答内容を確認できます。
詳しくは、下の詳しい解答内容を確認するには」をご覧ください。
テスト結果をCSVエクスポートできます。
詳しくは、下のテスト結果をCSVエクスポートするには」をご覧ください。

ユーザー単位の結果を確認するには

「テスト配信対象者と実施状況の確認」画面の、氏名欄に表示されている、ユーザー名をクリックします。

ユーザー単位の結果が表示されます。

学習の進捗や合計得点の集計結果を確認できます。

テスト単位の結果を確認するには

「テスト配信対象者と実施状況の確認」のテスト結果欄に表示されている、テスト名をクリックします。

テスト単位の結果が表示されます。

解答数、最高点等の統計情報や、テストの受検可能回数を確認できます。

詳しい解答内容を確認するには

「テスト配信対象者と実施状況の確認」のテスト結果の欄に表示されている、「」をクリックします。

新しいタブが開いて、MEXCBTの画面が表示されます。詳しくはMEXCBT操作マニュアルをご確認ください。

テスト結果をCSVエクスポートするには

1. 「CSVエクスポート」をクリックします。

ダウンロード確認画面が表示されます。

2. CSVファイルのエンコード設定を選択し、「CSVダウンロード」をクリックします。

CSVエクスポートが開始されます。

3. 画面左下に「タスク完了」と表示されたらクリックします。

4. ポップアップの「ダウンロード」をクリックします。

テスト結果が、CSVファイルに保存されます。

ポップアップを閉じる場合は「閉じる」をクリックします。

テスト結果CSVの項目

エクスポートしたテスト結果のCSVには、解答者に関する以下の項目があります。

項目説明
サインインIDユーザーID
漢字氏名名前
カナ氏名名前(ふりがな)
メールアドレスユーザーID
MEXCBTテスト名テストの点数
※複数のテストを受検している場合は、全ての受検結果が出力されます。
年度所属年度
※複数のクラスに所属している場合は、全ての所属情報が出力されます。
クラス名所属クラス
出席番号出席番号

一斉配信のテストを確認するには

一斉配信タブには、学校設置者(教育委員会など)から配信したテストが表示されます。

一斉配信のテストを確認するには、画面上部タブの「一斉配信」をクリックします。
(学校管理者が配信しているテストを確認するには、画面上部タブの「学校配信」をクリックします)

一斉配信されているテストが表示されます。

テスト結果を確認するには「対象者と実施結果を確認」をクリックします。

テスト結果が表示されます。

最終更新日: 2022年7月4日