クラスを一括作成する

CSVファイルを使用すると、クラスを一括作成できます。

クラスCSVを作成する

まず、現在のクラス情報をCSVファイルとして書き出します。次に、このCSVファイルを修正してクラス情報のCSVファイル(クラスCSV)を作成します。

1. 全体管理者管理画面または学校ごとの管理画面で、「利用者管理」をクリックします。

全体管理者管理画面へのサインインについては、「全体管理者管理画面にサインインする」をご覧ください。
学校ごとの管理画面へのサインインについては、「学校ごとの管理画面にサインインする」をご覧ください。

「利用者管理」画面が表示されます。

2. 「クラス管理」タブをクリックし、「CSVエクスポート」をクリックします。

確認画面が表示されます。

3. CSVファイルのエンコード設定を選択し、「CSVダウンロード」をクリックします。

しばらく待つと、確認画面が表示されます。

4. 「保存」をクリックします。

現在のクラス情報が、CSVファイルとして保存されます。

5. CSVファイルを開き、クラス情報を入力して保存します。

CSVファイルの項目については、下の「クラスCSVの項目」をご覧ください。

クラスCSVの項目

クラスCSVには、以下の項目があります。

項目 必須 説明
term 必須 年度を入力します。
(例:無期限、2021年度、2022年度)
gradeCode 必須 次表の学年コードを入力します。
schoolName 必須 自分の学校名を入力します。
name 必須 クラス名を入力します。
(例:6年1組、無所属)

学年コード(gradeCode)には、以下を入力します。

学年コード 説明
zz 学年無し
P1 小学第1学年
P2 小学第2学年
P3 小学第3学年
P4 小学第4学年
P5 小学第5学年
P6 小学第6学年
J1 中学第1学年
J2 中学第2学年
J3 中学第3学年
【注意】 Google Workspaceをご利用の場合

Google Workspaceとの連携のために、利用者情報のサーバ同期が必要です。

 

利用者情報の同期は時間がかかります。

通信エラーによる同期の失敗を避けるため、一度に同期(登録・更新・削除)するクラス数を50件以下にすることを推奨します。

50件を超える場合、CSVを分割し、1ファイルインポートするごとにサーバへ同期することで、一度に同期する件数をおさえることができます。

 

CSVのインポートについては、下の「クラスCSVを読み込む」をご覧ください。

サーバ同期については、「サーバへ同期する」をご覧ください。

クラスCSVを読み込む

あらかじめ作成したクラスCSVを読み込み、クラスを一括作成します。

1. 学校ごとの管理画面で、「利用者管理」をクリックします。

学校ごとの管理画面へのサインインについては、「学校ごとの管理画面にサインインする」をご覧ください。

「利用者管理」画面が表示されます。

2. 「クラス管理」タブをクリックし、「CSVインポート」をクリックします。

「クラスCSVのインポート」画面が表示されます。

3. 読み込むクラスCSVのエンコード設定を選択し、クラスCSVを選択して、「インポートを実行」をクリックします。

確認画面が表示されます。

4. 「OK」をクリックします。

 

最終更新日: 2021年6月21日